都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮す、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
都筑区.jp > 暮す > 薬局ゆりかご

薬局ゆりかご

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
お役立ち便利帳 フェイスブック
モバイル
QRコード
都筑区.jp
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
青葉区.jp
宮前区.jp
高津区.jp
江戸川区時間 江東区時間
墨田区時間 葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
RSS RSS配信について
森嶋 まつ子 薬剤師
インタビュー
森嶋 まつ子 薬剤師 モリシマ マツコ
MASTUKO MORISHIMA
薬局ゆりかご
生年月日:1955年10月11日
出身地:神奈川県
血液型:A型
趣味・特技:茶道
好きな本・愛読書:随筆
好きな映画:明日に向って撃て!
好きな言葉・座右の銘:不欺之力
好きな音楽・アーティスト:クラシック、バッハ
好きな場所・観光地:京都
■森嶋さんが薬剤師を志したきっかけをお聞かせ下さい。
母が製薬会社の三共(現:第一三共ヘルスケア株式会社)に事務職で勤めていたんです。それで「薬剤師って良いお仕事みたいよ」と教えてくれたんですね。教師になろうかとも思ったのですが、母の勧めもありましたし、薬剤師は手に仕事が付くし、お給料もいいでしょ(笑)。それに大学受験の時に国立だったら五科目受験だけど、薬科大は三科目受験。しかも推薦入試で合格すれば一般入試の子よりも早くお休みがもらえましたからね(笑)。それで薬科大に進んで、薬剤師になりました。

森嶋 まつ子 薬剤師 森嶋 まつ子 薬剤師

■大学ご卒業後のお仕事や、薬局ゆりかごで働くことになった経緯をお話し下さい。
大学卒業後は薬剤師の知識を持ちつつ、業界紙の記者として3年働きました。国会に行ったり、製薬会社に行ったり、小売の薬局を紹介したりと色々しましたが、結婚を機に退職し、家庭に入ったんです。でも、やはり薬をいじっていないとせっかくの資格がもったいないでしょう? 時間を潰すなら使うより稼ぐ方がいい!(笑)。そう思ってお仕事に復帰し、最初は医薬品卸の管理薬剤師、次に病院の病棟薬剤師を務めました。
「ゆりかご」で働くことになったのは、病院の薬剤師の先輩に「薬局を開局するから手伝ってくれない?」と言われたのがきっかけですね。当初はその薬局の支店のような形でこちらをやっていたんですが、私が支店を引き継いで独立したと言うわけ。だからある意味「棚ぼた」なんですよ(笑)。

■「薬局ゆりかご」のコンセプトや特長はなんでしょうか?
森嶋 まつ子 薬剤師平成12年に松井クリニックの門前薬局として開局したのが、薬局「ゆりかご」です。コンセプトは「やさしい つながり」。薬を通して地域の色々な方と繋がっていることでお役に立ったり、支えたりして時間を過ごそう、自分らしく生きようとうたっています。ただし、これは医療だけでなく、前後に「保健」や「介護」というものも含んでいるんですよ。保健・医療・介護を一連とした地域での活動を、「薬剤師」という専門職に誇りを持ちつつ担いたいという気持ちも込めています。
特長としては、できるだけお薬を自分の手で届けることですね。私たちは地域が仕事場ですから、毎日のように地域を回り、お薬を届けています。「なぜ届けるか」というと、やはり患者さんの背景や環境がわかるから。薬局内だけでは解からないものをいち早く気付くことにも役立ちますし、一番確認したい認知症についても見逃さずに済みますからね。地域を回ることで、この土地との縁、ここに住む人との縁「地縁」が生まれるんですよ。

■お薬を届けるグループホーム施設長からお話を頂きました。「薬局ゆりかご」の存在は地域の皆さんにとってどのような存在ですか?
お薬を届けて頂けるということで、本当に助かっていますが、一方で申し訳ないとも思います。本当はこちらが行くべきところを、「近いんだから」と言って来て下さいますからね。お薬の説明はもちろんのこと、こちらの状態などにも声をかけて頂けますし、地域の話題もできます。こんな親切な薬局が近くにあることで、私を始め、ホームの皆さんも、地域の皆さんも安心していると思いますよ。
森嶋さんはお薬に限らず、様々なアドバイスをしてくれますから、人としての信頼関係も生まれますし、本当にありがたい存在です。

■最後に「薬局ゆりかご」の今後の展望についてお聞かせ下さい。
これからは薬剤師も職能を活かし、積極的に発信していく時代が来ます。薬局に誰もが寄ってくれて、薬局がコミュニティになり、受診が必要な患者さんを薬剤師がドクターに紹介する(受診勧奨)。このことによって薬剤師の仕事がさらに世の中に認められるでしょう。ただ、残念ながらこれらはドクターの理解がないとできないことでもあるのですが、薬局ゆりかごでは松井クリニックの松井先生の理解、支援があるからできるんですよ。
誰にでも来てもらえる、地域のコミュニティとなる薬局を作り、地域のこと、患者さんのことが良くわかる薬局・薬剤師であること。それは難しいことだけど、次の世代、後進のためにも今の私たちができることをやらないといけないと思っています。そのためにもまだまだ頑張りますので、宜しくお願いします。

※上記記事は2011.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
林医院 小川メディカルクリニック アイビーボディケアサロン はせがわ歯科クリニック ヘアー & リゾート グランジ 北山田 センター北 ひまわり耳鼻咽喉科
さねよし耳鼻咽喉科 かみくら歯科 おとめクリニック 横浜ドクターズ 港北肛門クリニック 松井クリニック
レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ いなば耳鼻咽喉科 第一眼科 Family Salon SEASON hair ルララこうほく店 都筑耳鼻咽喉科クリニック アイビーボディケアサロン