都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮す、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
都筑区.jp > 学ぶ > 横浜保育室キッズフォレアカデミー

横浜保育室キッズフォレアカデミー

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
お役立ち便利帳 フェイスブック
モバイル
QRコード
都筑区.jp
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
青葉区.jp
宮前区.jp
高津区.jp
江戸川区時間 江東区時間
墨田区時間 葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
RSS RSS配信について
ALEX BATTEN DIRECTOR
インタビュー
ALEX BATTEN DIRECTOR アレックス バテン
ALEX BATTEN DIRECTOR
横浜保育室キッズフォレアカデミー
出身地:ボストン(米)
趣味:山登り、ファッション
好きな本:ノンフィクション
好きな映画:『2001年宇宙の旅』
好きなアーティスト:Flatland Cavalry
好きな観光地:上高地、北アルプス
横浜保育室キッズフォレアカデミー詳細情報はこちら
詳細情報はこちら
■幼児教育を通して日本の心に触れる
私の母が学校教師だったというバックグラウンドもあり、大学に進学し、幼児教育のクラスを体験した際に、「これだ」と思いました。子供は成長が早いですよね。今日教えたことが次の日にはもう身になっている。自分の仕事の意義が明確に、そして毎日見えるというところに心を動かされたのです。
日本へは大学4年生の時に渡ってきました。正直なところ、最初は、「一度は外国に住んでみたい」というごく軽い動機から始まったものでしたが、日々の生活を送る中で、いつしかこの国に魅了されていきました。
新潟の十日町市というところで、小学生を対象に英語を教えていた時期のことです。外はまだ暗い早朝の5時。家の外からシャクシャクという音が聞こえてきました。「何事か」と思い、外を覗いたところ、隣に住むおばあさんが私の車の前の雪かきをしてくれていたのです。一言で言えば、思いやりというのでしょうか。その出来事をきっかけに、ますます日本が好きになりました。
その後、キャリアップのために住まいを東京に移し、インターナショナルスクールに勤めました。並行してイギリスの大学院に入学し、日本とイギリスを往復する日々を送りました。この期間に、様々な国の教育スタイルに触れる機会に恵まれ、それが今の私の土台となっています。
インターナショナルスクールは、素晴らしいものです。ですが一般の日本人にとっては敷居が高いですよね。そのギャップに思い悩んでいたところ、縁あって、キッズフォレグループの松原慶子理事長に出会うことができました。キッズフォレでは、以前から英語教育に力を入れておられたのですが、更なるステップアップを検討されていたキッズフォレと、心に抱く教育を実現する場を求めていた私と、両者の想いが一致し、新しい保育施設が産声を上げることになったのです。

ALEX BATTEN DIRECTOR ALEX BATTEN DIRECTOR

■バイリンガルではなく、バイカルチャー
『キッズフォレアカデミー』は、インターナショナルスクールではありません。国籍・言語・食生活・宗教に関わらず、お子様を歓迎しています。そして、それぞれのお子様が、自らの文化(アイデンティティ)をよく勉強しながら、他者の文化も勉強していくのです。
その中で、英語は引き出しの1つのツールにすぎません。日常的に英語を用いながら、自分と違う人を認め、話し合い、一緒に遊ぶことに価値があると考えています。
バイリンガルではなく、バイカルチャー。これからの日本の子ども達は、英語と外国人が身近な世界で暮らしていくことになるでしょう。0歳からその環境に親しんでおけば、英語を恐れることも、自分と違うことをおかしいと思うことも、なくなると思うのです。
また、外国籍のお子様にとっては、言葉のハードルもあり、一般の保育園への入園は容易いことではありません。しかし、せっかく日本に暮らしているわけですから、日本の言葉や文化を学ぶ機会を得て欲しいのです。日本を理解する子ども達が増えれば、将来の日本にとっても、大きな意義のあることになると思っています。

■人前でしっかり自分意見を言えるように
ALEX BATTEN DIRECTORキッズフォレアカデミーでは、独自のカリキュラムを構成しています。その1つが、劇遊びです。好きな絵本や昔話を題材とし、子ども達自身がストーリーを決め、配役・稽古を行い、みんなの前で披露します。一般的に、日本の子ども達はみんなの前で話すのが苦手なところがあります。小さい頃から劇を通してそのスキルに親しむことにより、自分の意見を自分の言葉で伝えることができるようになってくれればと考えています。
そして、子ども達には個性があります。積極的に張りたいという子もいれば、そうでない子もいますよね。見守る私たちはガイド役に徹しますが、状況を見ながら、積極的な子にはサポート役に回ってもらい、シャイな子を助けてもらうこともあります。自分だけが良ければよいのではなく、互いを思いやる心を育んで欲しいのです。

■考える力を養い、個性ある子供の自由な魂を育む
カリキュラムの1つであるSTEAM教育とは、5人程度のグループに分かれ、科学・技術・ものづくり・芸術・数学を題材にした課題の解決に取り組むものです。例えば、2メートルの高さから卵を落として割れないようにするにはどうしたらよいか。先生は、質問のみを行います。あとは子ども達自身で考えてプランを作り、それを実現するために試行錯誤していくのです。考える力を養い、自分から何かをやろうとする心を育てるものです。
同じくカリキュラムの1つであるステーションでは、1つのお部屋に異なる目的の場所(ステーション)を設け、子ども達は順繰りにステーションを回ります。最初は絵本、次はアート、次は科学・・・といった具合ですね。
みんなで協力して何かをするといったことも大切ですが、1人ひとりの興味を育て、成長をつぶさに見てとれるのが、ステーションの良いところです。
これからのキッズフォレアカデミーでは、通常カリキュラムに加え、自然と親しむことにもフューチャーしていきたいと考えています。今の子は、虫を触れない、芝生の上を裸足で歩けないなど、デジタルへの親和度が高い反面、デリケートな面もありますよね。何かの拍子にそれが弱点となることもありますし、何より、自然と親しみ、おおらかで自由な心を持つ子に育ってほしいと思うのです。

■地域の皆様へメッセージをお願いします
バイカルチャーとは、ある意味、20年、30年後の日本をシミュレーションしたものと言えるでしょう。日本には「三つ子の魂百まで」という言葉がありますよね。キッズフォレアカデミーでは、もちろん英語は身につきますが、それはあくまでバイカルチャーの副産物に過ぎず、その価値観、考え方を、小さい頃から身に付けることに意味があると考えています。  
これからの時代を担う、自由で勇気のある子ども達を育てていく一助になれればと思っています。

※上記記事は2020年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

詳細情報はこちら

インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
ヘアー & リゾート グランジ 北山田 介護老人保健施設 ウェルケア新吉田 いなば耳鼻咽喉科 鎌倉 笹屋 松井クリニック Family Salon SEASON hair ルララこうほく店
第一眼科 横浜ドクターズ レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ 港北肛門クリニック 小川メディカルクリニック 林医院
都筑耳鼻咽喉科クリニック はせがわ歯科クリニック さねよし耳鼻咽喉科 かみくら歯科 センター北 ひまわり耳鼻咽喉科 おとめクリニック