都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮す、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
都筑区.jp > 医院・病院 > 松井クリニック

松井クリニック

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
お役立ち便利帳 フェイスブック
モバイル
QRコード
都筑区.jp
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
青葉区.jp
宮前区.jp
高津区.jp
江戸川区時間 江東区時間
墨田区時間 葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
RSS RSS配信について
松井 院長 & 藤田 先生
インタビュー
松井 院長 & 藤田 先生 マツイ & フジタ
MATSUI & FUJITA
松井クリニック
生年月日:[松井院長]1964年2月17日 [藤田先生]1958年12月13日
出身地:[松井院長]神奈川県 [藤田先生]東京都
血液型:[松井院長]A型 [藤田先生]O型
趣味・特技:[松井院長]洋服、パソコン、車 [藤田先生]音楽、映画鑑賞
愛読書:[松井院長]LEON
好きな映画:[藤田先生]007シリーズ
好きな言葉:[松井院長]よく働き、よく遊べ [藤田先生]努力
好きな音楽:[松井院長]ユーロビート、トランス [藤田先生]ビートルズ
好きな場所・観光地:[松井院長]グアム、ハワイなど自然もショッピングも楽しめる所 [藤田先生]京都、奈良
松井クリニック詳細情報はこちら
詳細情報はこちら
■この道を志したきっかけを教えてください。
【松井院長】
昭和43年より父がこの地で開業し、内科、小児科、産婦人科を中心に診療していました。
住まいと診療所が一緒だったので、患者さんと接する機会も多く、診察する父の姿をいつも見ていて、『自分も少しでも人の為になりたい』と自然と思うようになりましたね。
とはいえ、小さい頃は政治家になりたかったんですよ。決められたルールの中で動かされるのではなく、ルールを決める側になりたかった。世の中のことに興味もありましたし。でも弁が立たないので諦めました(笑)。
また、語学が得意だったので通訳になりたいとか、「飛び出せ!青春」を見れば、先生になりたいと思ったり、好奇心旺盛な子だったんですね(笑)。

【藤田先生】
父が東京で開業医をしているんですが、そういう環境にありながら、幼い頃は医師になることはまったく考えていませんでした。
ところが高校生の時に母を亡くし、それから「一人でも多くの人を助けられたら」と考えるようになりました。それが医師の道へ進む事を決めたきっかけですね。
子供の頃、実はタクシーの運転手になりたいと思っていたんです。家に車がなくて、家族で出かける時にはよくタクシーを使っていたのですが、それがすごく嬉しくて(笑)。タクシーの運転手になって、職業として毎日車に乗れたらいいなと思っていましたね。

松井 院長 & 藤田 先生 松井 院長 & 藤田 先生

■院長先生の現在に至るまでの経緯、また、美容に対する思いや多くの科を受診できるメリットをお聞かせください。
【松井 院長】
もともと美容治療の道にいきたくて、大学では形成外科へ進みました。
その時、教授に「形成外科は、病気のためだけではなく、健康な状態でメスを入れるのだから、他の診療科目も勉強しておかなければならない」と言われたんです。その後、約5年間にわたり、一般外科、麻酔科、救急、整形外科など、様々な科を研修しました。
今思うと、それは本当にいい勉強になりました。様々な専門知識と技術を修得出来ただけでなく、どんな診療科目でも一通り診られるようになりました。また、数多くの症例を扱ってきた経験から、緊急性の有無も判断出来るようになりました。
その後、当院に戻って来てからは、外科系診療科と皮膚科を中心に診ていました。

美容治療をやりたいという気持ちはずっとありましたが、父が築いてきた約40年の地盤があるので、突然変える事も出来ませんでした。
そこでまず、レーザー脱毛から始めたんです。すると、驚くほど反響がありました。それから少しづつ自分のやりたい美容治療を打ち出していくようになったんです。
私は人間にとって健康であることはもちろん大切ですが、外見も大事だと思っています。身体は健康でも、コンプレックスから心が不健康になってしまってはもったいないですよね。ですから、内面と外見の両方をサポートできるクリニックでありたいと思っています。
結果的には、美容治療を謳えば謳うほど、内科などの他の診療科目への受診も増えていき、診療科目に関係なく、患者さんとの信頼関係が大切なんだという事を改めて感じました。

また、当院の診療科目は、整形外科、形成外科、美容外科、皮膚科、内科、小児科とあり、すべての科を同時に受診することができます。
腰痛で整形外科にかかった患者さんから、シミを取りたいと相談されたり、レーザー脱毛に来られた方が、風邪をひいた時に来て下さったりと、診療科目の枠を超えて来院されます。父の代から親子2代、3代で来院してくださる患者さんも多く、地域のホームドクターとして頼っていただければ嬉しく思います。

■診療の際に心がけていることをお聞かせください。
松井 院長 & 藤田 先生【松井院長】
「ドクターは究極のホスト業である。」をモットーに日々診療にあたっています。
古い形の医師という形式やイメージを払拭し、新しい形を作りたいというコンセプトで診療し、どんなことでも気軽に相談できるドクターでいたいですね。
また、最新の治療や施術を患者さんの予算やライフスタイルに合わせて、じっくり相談しながら決めています。脱毛なども医療用レーザーや光治療器として認可されたものを使用していますので、効果も早く、かつ安全です。
その他にも医学的根拠に基づいたカウンセリングを行い、トータルにアドバイスしていくことを心がけています。
スーパーの帰りに、ふらっとスキンケアの相談に来られるような、生活の一部でありたいと思っています。

【藤田先生】
「身内が患者という立場になった時、医師からどのように説明されたら安心できるか」を常に考えながら診療をしています。
患者さんの立場を考え、患者さんの目線で話をするということを心がけ、信頼関係を大切にしています。
特に内科は、話をすることが多い科だと思います。納得してもらえるまで、詳しく説明し、何でも相談にのれるような医師でありたいと思っています。

■お二人の休日の過ごし方や、院長のブログのお話を少しお聞かせ下さい。
【松井院長】
今はいろんな事に忙しくしています。子供もまだ小さいので、休日は家族と過ごすことが多いですね。みんなでショッピングに行ったりしています。
自宅と医院が一緒なので、便利は便利なんですが、徒歩30歩しかないので、オン・オフの切り替えが難しいですね。ついつい自宅に仕事を持ち込んでしまうんですよ(笑)。

また、数年前からやっているブログは、毎日更新しています。1日に1000人以上の方がアクセスして下さっているんです。問診票の中の「当院を何で知りましたか?」という質問項目では、インターネットやホームページと書かれていて、医療に対する皆さんの関心の高さに驚かされます。
その患者さんの多くは、ブログを読んで下さっているのか、とても診察がスムースに運ぶような気がしますね。

【藤田先生】
現在、こちらのクリニックとは別に、長野でも診療をしているので忙しいんですよ。
ですから、休日には家族とゆっくり過ごすことが多いですね。息子が2人いるのですが、今は子供の成長を見るのが楽しみです。
松井院長とは大学時代のクラスメートで、医局も科も違いましたが、一緒に青春を謳歌した仲間なんですよ(笑)。卒業後もずっと、一年に一度は仲間で集まってましたし、長い付き合いなんです。ですから、今一緒に診療していることは夢のようですね。
彼と一緒にいると、昔の感覚にすぐ戻ることができるし、『あうんの呼吸』ですからね。今はここで診察するのがとても楽しいです。

■最後に患者さんへのメッセージをお願いします。
【松井院長】
生活習慣病やメタボリック症候群の治療を得意とする、循環器内科医の藤田医師が加わり、更に専門性の高い治療が可能になりました。
例えば、メタボリック症候群の患者さんが来院しても、2人の専門医の目から、一度で様々な診療と判断ができ、時間とコストを節約できます。
美容治療に関しては、肝斑の最新治療『レーザートーニング』を新しく導入しました。今後も、最新機器や技術を積極的に導入していきます。
身体と心の「キレイ」をトータルケアでき、医療を総合的に扱えるプライマリーケア・クリニックでありたいと考えています。
また、何科にかかっていいのか解らない‥という場合でも、科目を超えた目で一通り診察する事や方向性をお話する事が出来ますので、どんな事でも気軽に相談してくださいね。

【藤田先生】
自分の健康を守ることができるのは、自分しかいないと思います。また、病気を治すためにも、患者さん自身の意識が、とても大きく影響します。
残念ながら、医師はあくまでも健康をサポートをすることしかできません。患者さんの健康でありたいという気持ちを、進んでサポートしていきたいと思っています。
患者さんが健康になるため、そして健康であり続けるための、よきアドバイザーとして頑張っていきたいです。

※上記記事は2009.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

詳細情報はこちら

インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
第一眼科 センター北 ひまわり耳鼻咽喉科 都筑耳鼻咽喉科クリニック いなば耳鼻咽喉科 おとめクリニック 林医院
小川メディカルクリニック 港北肛門クリニック 松井クリニック はせがわ歯科クリニック かみくら歯科 Family Salon SEASON hair ルララこうほく店
レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ さねよし耳鼻咽喉科 レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ はせがわ歯科クリニック 第一眼科 おとめクリニック