都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
都筑区.jp - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮す、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
都筑区.jp > 医院・病院 > 杉本クリニック

杉本クリニック

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
お役立ち便利帳 フェイスブック
モバイル
QRコード
都筑区.jp
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
青葉区.jp
宮前区.jp
高津区.jp
江戸川区時間 江東区時間
墨田区時間 葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
RSS RSS配信について
田澤 しおり 院長
インタビュー
田澤 しおり 院長 タザワ シオリ
SHIORI TAZAWA
杉本クリニック
趣味・特技:ホテルやカフェでのアフタヌーンティめぐりをすること
愛読書:ビジネス誌
好きな映画:「桐島、部活やめるってよ」(2012年、ショウゲート)など
座右の銘:向上心
好きな音楽:ガールズ・ポップ
好きな場所:自然の豊かな場所
■皮膚科医を志されたきっかけと、開業されるまでの経緯について教えてください。
わたし自身が中学生のときニキビで悩んでいたことがきっかけです。洗顔をはじめとするさまざまな場面でしみて痛いですし、見た目もよくありません。思春期ですから余計に、友人と比較して落ち込むことが多かったのです。また世間的にも「ニキビは青春のシンボルよ、気にしない方がいいんじゃない」といった風潮が主流で、改善のための具体的なアドバイスになる情報がありませんでした。「思春期を過ぎれば自然とよくなる」と思っていた方が少なくなかったように思います。

どんなアドバイスにも気持ちは晴れませんし、何をするにも引っ込み思案で自信が持てない自分を変えたいと思いながら過ごしていたころ、実家の斜め前にお住まいの方が「うちのクリニックなら治せるよ。一度軽い気持ちで来てみてはどう?」と言ってくださいました。家族ぐるみでずっと親しくさせていただいていた方が、皮膚科のお医者さんだったのです。当時ニキビは皮膚科で治すものだという認識がまだ一般化されていませんでしたので、誰も考えつかなかったのかもしれません。

藁にもすがる思いでクリニックを受診し、先生の丁寧な問診と症状に合った適切な治療、アドバイスを受けながらこまめなケアを続けてきたところ、長年悩まされていたニキビが劇的に改善しました。その後は先生に勧めていただいた自費診療によって、ずっと憧れていた「なめらかな素肌」も実現することができました。自信を取り戻すことができ、どんなことにも前向きに取り組めるようになったわたしは、自分を変えてくれた医師という職業に大きな憧れを抱くようになりました。すでにエスティシャンなど美容に関わる職業の選択肢は増えてきていたのですが、やはり専門知識に基づいた治療ができるのは医師です。そこでまず医学部に進学し医師免許を取得しようと思いました。

大学卒業後は2年間の臨床研修を経て都内にある美容皮膚科に3年ほど勤務し、もっと幅広い層に身近に美容医療を提案したいと思った。大きく変われるきっかけを与えてくださった先生のように、自分も皮膚疾患で悩んでいる患者さんの手助けをしたかったのです。

皮膚病の多くは命に関わらない疾患ですが、人の心を苦しめるものでもあります。重度のアトピーを患っていらっしゃる方がうつ病になってしまったケースも少なくはありません。そのような方々のお気持ちを少しでも楽にすることができれば、こんなにうれしいことはありません。

田澤 しおり 院長 田澤 しおり 院長

■診療方針について教えてください。
とてもデリケートな診療科目ですから、どんなことにお困りか丁寧にお聞きすることから始めています。たとえ同じ症状であっても、感じ方や治療のゴールは患者さんひとりひとりで異なります。また生活習慣が大きく影響する場合もありますので、患者さんご自身にふだんの生活で心がけていただくこともあります。そこで、どんなことでもとにかくわかりやすく説明させていただくようにしています。

■冬場は乾燥が進み、皮膚疾患が悪化します。先生がお勧めするスキンケアを教えてください。
田澤 しおり 院長一番大切なケアは保湿ですが、「毎日続けること」が最も大切なポイントです。ご自分の肌に合ったものであれば、高いものを使う必要はありません。例えばドラッグストアで普通に入手できる「ニベアクリーム」も、シンプルで保湿力に優れています。また敏感肌やアトピー性皮膚炎で受診された患者さんには、必要に応じてヒルドイド軟膏を処方していますのでご相談ください。

また、スペシャルケアをお望みの方には「エンビロン」という化粧品をお勧めしています。この化粧品は、ビタミンAによって、紫外線を受けることによる小じわ・乾燥を改善するものです。夏場に浴びた紫外線が気になる方は、一度お尋ねください。

■最近患者さんから相談されることが多い症状は何ですか。
やはり冬場ですので、乾燥によるかゆみを訴える方が圧倒的に多いですね。特にアトピー疾患をお持ちの方には辛い季節だと思います。一方で夏場は「多汗症」の相談が増えてきました。ここ数年は猛暑で汗をかくことが多くなりましたが、厄介なことに汗がまたかゆみを悪化させます。しかし日常のケアで改善することも多いので、皮膚科を受診してあきらめずに続けていただきたいですね。

職業柄外出が多い方からは、紫外線の相談を受けることがあります。紫外線を多く浴びることで、メラニン色素を生成する「メラノサイト」が活性化され、これが「シミ」の原因を作るからです。メラニンは肌細胞を守ってくれる一方で、蓄積すると表皮にとどまって「シミ」になってしまいます。朝飲むと、一日中メラノサイトの活動を抑える働きをしてくれるサプリメントがあり、日焼け止めの塗り直しができない方からご好評いただいています。

当院では脱毛の施術も承っているのですが、最近は美容目的だけではなく「カミソリ負け」でお悩みの方からご相談を受けることが多くなりました。特に敏感肌、乾燥肌、アトピーでお悩みの場合、カミソリのダメージがひどいようです。この場合は脱毛をしてしまった方がよいケースがあります。ただし思春期の患者さんの場合、毛周期(毛が生え替わる時期)が安定していないため大人の方ほど効果が得られない場合があります。ご相談ください。

■診察で心がけていることと、地域のみなさまへのメッセージをお願いします。
先ほどもお話しました通り、何を悩んでいるかしっかりお聞きすることを大切にしています。また一方で美容目的でいらっしゃる患者さんには、美容皮膚科の「万能」なイメージを排し、過度な期待を抱いていただくことがないよう注意しています。どのようなゴールを目指すべきか、患者さんとよく相談して最善を尽くしていきたいと考えています。

当院は美容皮膚科としてご存知の方が多いのですが、このことから「敷居が高い」と感じる方が少なくないようです。皮膚疾患でお悩みの患者さんのための保険診療もさせていただいています。どうかご相談ください。

これまで美容皮膚科で培った知識と技術を活かし、保険診療の患者さんのQOL(生活の質)を向上させ、生き生きとした毎日を送っていただけるよう尽力したいと思います。まずは当院の門をたたいていただければ幸いです。

※上記記事は2018年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
おとめクリニック 都筑耳鼻咽喉科クリニック 松井クリニック センター北 ひまわり耳鼻咽喉科 林医院 かみくら歯科
はせがわ歯科クリニック 小川メディカルクリニック 港北肛門クリニック レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ アイビーボディケアサロン 横浜ドクターズ
第一眼科 ヘアー & リゾート グランジ 北山田 Family Salon SEASON hair ルララこうほく店 いなば耳鼻咽喉科 さねよし耳鼻咽喉科 横浜ドクターズ